中国・四国地区研究会(6/19@広島経済大学)

中国・四国地区研究会
世話人代表 種田奈美枝(広島修道大学)
      竹内啓二 (広島経済大学)
      西原友昭 (松山大学)


高松市での研究会に続き、今年度2回目となる当地区研究会を下記の要領で開催します。
今回は教育ネットワーク中国との共催研究会です。
当地区大学におけるふたつのチャレンジの事例から、キャリア支援について考えます。参加は、大学行政管理学会会員・非会員を問いません。
ご参加をお待ちしています。

◆内容

1.日 時:2010年6月19日(土) 15:00~17:30


2.会 場:広島経済大学 立町キャンパス
      広島市中区立町2-25
      アクセス:広島電鉄市内電車立町電停下車すぐ


3.内 容:
【事例発表1】
テーマ:「夢チャレンジシート~広島経済大学における新たなキャリア支援~」
発表者:高本登彦〔広島経済大学 キャリアセンター主任〕


概 要:
広島経済大学では、平成18(2006)年度より「夢チャレンジシート」を導入しました。これは、教職員がより学生の視点に立ち、一人ひとりの個性を生かしたキャリア支援を行う試みです。
また、夢チャレンジシートに携わる専任の職員がキャリアセンターに常駐しており、有意義な学生生活が送れるよう様々なアドバイスを行っています。
当研究会では、その取組の概要や成果をご紹介します。


【事例発表2】
テーマ:
「大学における社会人の学び直しと就職支援~広島修道大学再チャレンジプログラムの試み」
発表者:種田奈美枝〔広島修道大学 財務課〕


概 要:
広島修道大学では、2007年度から2009年度まで「修大再チャレンジプログラム」を実施してきました。
これは、就職を希望する若年層のフリーターやニートに、大学で半年間の学び直しの機会を提供し、就職やステップアップを支援する取り組みです。
研究会では本プログラムのカリキュラムや特徴、学び直しが必要となった社会的な背景、プログラムが大学に及ぼしたメリットや成果などを報告します。
大学で社会人の学び直しや就職を支援する意義、課題にも触れます。


【懇親会】 18:00~19:30頃  研究会会場近く (会費4,000円程度)


■参加を希望される方は、件名を【中四研究会申込】として、
 ①大学名
 ②所属・役職
 ③氏名
 ④懇親会の参加・不参加
 ⑤JUAM会員or非会員
 ⑥電話番号
を入力し、6月11日(金)までにメールにてお申し込みください。


なお、参加者の氏名、所属、役職は、当日配布する参加者名簿に記載しますので、ご了承ください。


■申込・問合せ先:
広島修道大学
 学術交流センター 木村太祐(きむらだいすけ)
 メールアドレス gakukou(at)js.shudo-u.ac.jp
 電話番号:082-830-1114(直通)
 FAX番号:082-830-1932