この度、2012年度第3回中国・四国地区研究会と第9回女子大学研究会の合同研究会を、下記のとおり開催しますのでご案内申し上げます。
 今回は、「女子大学における学習支援」をテーマとし、発表1では、阿南工業高等専門学校の清水栄子氏より、学生の主体的な学習への支援として、履修に関わる支援を中心に米国の学習助言(academic advising)について発表していただきます。学習助言の実施内容、実践者の担う役割等について事例とともに紹介いただき、女子大学(女子学生)への支援の特徴について、米国の女子大学での実践事例にも触れていただきます。
 続く発表2では、会場校の学習支援センター長山下明博氏から、5年前に設置された学習支援センターの発足までの経緯や現在の取り組み内容、今後の課題などについてご紹介いただきます(研究会開始前のキャンパス・ツアーでは、安田女子大学の学習支援センター見学もお願いしています)。
 最後のグループディスカッションでは、参加者の皆様と、日本における今後の学習支援の在り方について、様々な視点から議論を深めたいと考えています。
 何かとお忙しい時期と存じますが、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。会員以外の方々のご参加もお待ちしています。

◆開催日
2012年12月08日
◆時間
13:40~17:50
◆会場
安田女子大学 9号館4階9407教室
〒731-0153 広島市安佐南区安東6丁目13-1
アクセス:http://www.yasuda-u.ac.jp/top/outline/access/index.html
◆内容
13:00~ 受付開始
 ※キャンパス・ツアーご希望の方は、13:10までに上記会場にお越しください。
13:40  開会
13:50~ 〔発表1〕
      テーマ:「主体的な学習への支援とは?-米国の学習助言(academic advising)を参考に-」
      発表者:清水 栄子氏(阿南工業高等専門学校)
     (質疑応答)
15:10~ 〔発表2〕
      テーマ:「安田女子大学の学習支援センターの取り組み」
      発表者:山下 明博氏(安田女子大学 学習支援センター長)
     (質疑応答)
16:00~ 休憩(10分)
16:10~ グループディスカッション
17:50 閉会
18:30~ 懇親会(会費 4,000円程度)
◆申込み方法
参加ご希望の方は、以下の項目を11月30日(金)までにメールでお申込みください(特に懇親会参加の方は、会場確保ため11月30日までにお申し込みください)。
①大学名 ②所属・役職名 ③氏名 ④懇親会の出欠 ⑤キャンパス・ツアーの出欠 ⑥JUAM会員・非会員の別 ⑦当日の連絡先(緊急時にのみ連絡させていただきます)
◆申込み先
筑紫女学園中学高等学校 竹山 優子 宛
メールアドレス:y-takeyama(a)chikujo.ed.jp

◆主催者
西日本支部 中国・四国地区研究会  世話人代表 大津 章(広島修道大学)
女子大学研究会  リーダー 私市 佐代美(武庫川女子大学)