2013年度 第4回中国・四国地区研究会の開催のご案内

2013年度第4回中国・四国地区研究会を下記の通り開催します。
本研究会への参加は、学会会員・非会員を問いません。興味のある方はどなたでもご参加いただけますので、周知方よろしくお願いします。

◆開催日
2014年03月01日
◆時間
15:00~17:30
◆会場
広島経済大学 立町キャンパス3階 132教室
広島市中区立町2-25  IG石田学園ビル
http://www.hue.ac.jp/life/facilities/tatemachi_campus.html
◆内容
テーマ「大学職員の学び」

 年齢を問わず、社会人として、また大学職員として学ぶことは仕事に対して大きな影響を与えます。最近では、多くの大学職員が
様々な機会を利用して学んでいます。
 たとえば、高等教育分野の大学院で学ばれている方や高等教育分野以外の様々な大学院で学ばれている方もたくさんいます。
また、四国地区のSPODなどのセミナーに参加されている方も少なくありません。これらの方々は、多忙な中でもなぜ自主的に学
ぼうと考えたのか、仕事と学習をどのように両立したのか、そこで得られたことが仕事にどのように生かされているのか。
 部下に学びを勧めたい役職者の方、大学院等で学びたいがなかなか一歩が踏み出せない方、興味はあるがどのようなものか
まずは知りたい方まで、多くの大学関係者に聞いていただきたいと考えています。

発表1「何したら委員会-若手職員の自主勉強会からみえてくるもの-」
   広島経済大学 教育・学習支援センター 西國 真一 氏

発表2「大学院でも学ぶ-実践だけでなく理論も学ぶ意義-」
   広島修道大学 財務課財務係長 木村 太祐 氏

発表3「管理職員の役割-自ら学び部下に自己啓発を促す-」
   愛媛大学 教育学生支援部長 米澤 愼二 氏

パネルディスカッション「学び続ける大学職員-学びの先にあるもの-」
   コーディネーター 広島経済大学 教育・学習支援センター次長 高野 修 氏
   パネリスト 発表者3名

懇親会 広島市内にて開催(4,000円程度)

※3名がそれぞれ30分程度発表し、その後パネルディスカッションで発表の補足説明、フロアーからの質問に答える形式で進めます。
◆申込み方法
 参加を希望される方は、件名を【中四研究会申込】として、①所属大学等名 ②所属部局・役職 ③電話番号 ④氏名 ⑤懇親会参加の有無 
⑥JUAM会員・非会員を入力し、2月24日(月)までにEメールにてお申し込みください。講師の方に事前質問などあればあわせて、お知らせください。
 なお、いただいたデータは当日配布の名簿に記載します。不都合があるときはその旨ご連絡ください。
◆申込み先
広島経済大学 教育・学習支援センター 瀬戸 麻由佳
電話番号:082-871-1083 FAX番号:082-871-1083
メールアドレス:cyugokushikoku@gmail.com

◆主催者
西日本支部 中国・四国地区研究会
世話人代表 米澤 愼二(愛媛大学)
         種田奈美枝(広島修道大学)
         高野 修(広島経済大学)