2017年度第1回(通算第50回)中国・四国地区研究会のご案内(6/24@安田女子大学)

 2017年度第1回中国・四国地区研究会を下記の通り開催いたします。今回は地区研究会として記念すべき50回目の開催となります。

2016年8月に竣工した全国でも最大規模のラーニングコモンズを有する安田女子大学1号館をお借りし、ランチミーティング、施設見学会も

あわせて実施いたしますので、振ってご参加ください。学会会員・非会員を問いませんので、興味のある方はどなたでも参加いただけます。

 

         ※12:00~ ランチミーティング(集合場所:まほろば館1階)

     12:45~ 施設見学(集合場所:1号館玄関付近)

     13:30~ 研究会(研究会のみ参加の方は13:00から受付を開始します)

◆開催日
2017年06月24日
◆時間
12:00~17:30(情報交換会 18:00~)
◆会場

安田女子大学 1号館1階「ワークショップ」(広島市安佐南区安東6丁目13番1号)

アクセスマップ http://www.yasuda-u.ac.jp/outline/access/

※学内の駐車台数が限られることと大学周辺道路が狭隘なため、出来るだけ公共交通機関での来場をお願いいたします。

◆内容

テーマ「SDプログラムの構築と実践 ~アリバイSDとしないために~」

 必要性が高らかに謳われて久しい大学職員の職能開発(SD)が、今年4月から、大学設置基準で義務化されました。

大学行政管理学会中国・四国地区研究会では、この義務化を見据え、2015-16年度の2カ年度に亘り、大学横断的な

職員相互の啓発と研鑽を深める場を兼ねたワークショップを開催し、SDの義務化にあたっては「アリバイとしないSDの

実質化」が課題になることが共有されました。

 これをふまえ本研究会では、各大学で取り組まれてきたSDの事例からSDのあるべき姿(目標)を共有すると共に、大

学マネジメント全般を想定し、計画的な資質向上を推進する取り組みとしてのSDの在り方・構築の仕方を考察すること

を目的としています。

 なお、今回もワールド・カフェ形式等のワークショップを通じて、課題や事例を共有すると共に、各大学で抱える悩みを

解決する糸口を参加者全員で探ります。

 

  講師:愛媛大学 教育・学生支援機構講師 兼 広報室副室長 阿部 光伸 氏

    講師略歴: 東北大学大学院教育学研究科修了。専門学校での15年の教員生活を経て、東北文化学園大学に勤務し

           学生課長、教務部長、学園事務局部長を歴任。現在は、愛媛大学で職場内人材育成をテーマに「SD」と

           学生の自発的な教育的取組「準正課教育」、「大学広報」を担当。平成25年10月から現職。

 

  参加費 研究会:学会員 無料、非学会員 500円(資料代等)

        ランチミーティング:実費を徴収します。500~1,000円の予定です。

 

  定員 60名

      ※会場の都合上、先着順での受付とします。早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

 

  情報交換会 「パパスママス」(18:00~20:00、会費4,300円)

          ※研究会終了後、徒歩で会場まで移動します。

◆申込み方法

 参加を希望される方は、https://goo.gl/forms/Ptcdk9ApIca0ZoUR2 にアクセスし、氏名、所属機関名、所属部局・役職、電話番号、

メールアドレス、ランチミーティング参加の有無、情報交換会参加の有無、大学行政管理学会会員・非会員を6月19日(月)までに入力・

送信してださい。サイトにアクセスできないときは、下記担当者までメールでお申し込みください。

 いただいたデータは当日配布の名簿に記載します。不都合があるときはその旨を備考欄にてご連絡ください。

◆その他

問い合わせ先

広島修道大学 財務課 木村太祐

電話番号:082-830-1107 FAX番号:082-830-1325

メールアドレス:cyugokushikoku@gmail.com


◆主催者
西日本支部 中国・四国地区研究会
世話人代表  種田奈美枝(広島修道大学)
          阿部 光伸(愛媛大学)
          高野  修(広島経済大学)