【JAUM】FM研究会第61回開催のご案内(8/31@酪農学園大学、北海道江別市)

酪農学園大学は、「三愛精神」を建学の精神とし、「健土健民」の理念の下、「農・食・環境・生命」を基軸に、自然との調和の取れた循環農業の維持・発展を図り、人と動物の生命の存続と福祉に貢献し、かつ世界的活動に参加する人材を育てることを使命とされ、

各プログラムを実践されています。
 そのようなにあって、特に実学教育を実現するために、施設及び設備の管理運営並びに、学生支援のお話しをご紹介いただく予定です。加えて、今回は、2018年9月に発生した「北海胆振東部地震」により発生した、広域停電「ブラックアウト」後の対応など、 通常時と災害発生時での対応実績等も含め、講演とキャンパス見学をさせていただく予定です。
 施設管理だけでなく、学務・学生・研究支援のほか、危機管理を業務範囲される方など、様々な部署の方々にご参加いただきたいとご案内いたします。

 つきましては、下記の内容についてご確認のうえ、7月22日(金)正午までにFM研究会・リーダー・高橋宛に、メールにて申し込みをお知らせください。  

◆開催日
2019年08月31日
◆時間
講演・ディスカッション、施設見学 13:00~17:00(質疑応答・施設見学含む)    懇親会 18:00(大学周辺)
◆会場

酪農学園大学 ※ 開催場所は、参加者へ追ってお知らせします。
  (アクセスマップ)https://www.rakuno.ac.jp/access.html

◆内容

講演:

   ①北海道胆振東部地震の教訓を踏まえた減災・業務継続の取組について

          北海道大学 産学・地域協働推進機構 教授 

        山﨑 淳一郎 氏

      ②北海道胆振東部地震の対応について

   酪農学園大学 事務局次長

        田口 俊哉 氏

        ※その他詳細は、追ってお知らせします。

◆申込み方法

8月7日(水)正午までにファシリティマネジメント研究会リーダー高橋アヅサ氏に、なるべくメールで、参加申し込みをお知らせください。

◆申込み先

大学行政管理学会 ファシリティマネジメント研究会 リーダー 高橋アヅサ
   takahashi.adusa(a)nihon-u.ac.jp
   ※メール送信の際には、(a)を@に置き換えてください。

◆その他
・会費:無料。
  ・研究会終了後、懇親会を開催しますので、出欠をお知らせください。
  (会費4000円程度)
   ※懇親会の当日キャンセルは、予約等の関係から会費を頂戴いたしますので、
    予めご理解いただきますようお願い申し上げます。