研究会等名称(設置地区)

学事研究会
(関東地区)

活動目的

個人レベルの研究、各大学における事例等を通じて、そこから課題を発見し、将来に向けて、大学における学事とは何か、学事におけるアドミニストレーターの機能、役割は何かということを追究することを目的としている。

参加資格・条件

特に設けていない。

開催ペース(毎月1回、第何曜日など)

平成26年度は年5回を予定(概ね第2土曜日:5月、7月、10月、11月、12月)

主たる開催場所

関東圏の登録会員の所属大学
※例年は原則として年1回、関東圏以外で開催。
(参考)
2008年度:東北学院大学(10月)、京都外国語大学(12月)
2009年度:西南学院大学(12月)
2010年度:関西学院大学(11月)
2012年度:大学コンソーシアム京都(12月)
2013年度:愛媛大学(12月)

主な活動経過

2004年10月
 研究会を設置
2004-2005年
 定例研究会(研究発表、事例発表、講演会)
 年次報告書作成(登録会員等に活動成果報告書として配付)
2006-2007年
 定例研究会(研究発表、事例発表、ディスカッション)
 研究会マップ、プラットフォームを作成
 年次報告書作成
2008-2009年
 定例研究会(研究発表、事例発表、講演会、ディスカッション)
2010年-2011年
 定例研究会(研究発表、事例発表、講演会、ディスカッション)
 大学用語集作成・刊行、年次報告書作成
2012年-2013年
 定例研究会(研究発表、事例発表、講演会)

現在の活動状況・研究テーマ等

○現在の登録会員(2014年7月1日現在):45名
○運営方法:学事研究会申し合わせに則って、会員の事例発表および研究発表を中心として、外部講師の講演等を交えながら運営している。
○活動計画:当年度の活動計画は、開催日程、開催場所を含めて前年度中に決定し、基本的に当初計画どおりに活動している。

その他

代表者

平成26年度研究会リーダー
麻布大学 総務部経営企画課
田中 秀和(たなか ひでかず)
電話番号 042-754-7111
tanakah(at)azabu-u.ac.jp