2021年度 JUAM奨励賞 受賞者

NO 氏名 所属大学名 推薦区分 授与理由
2021-1 金城 正英 公立大学法人 名桜大学 規定第2条第1号 金城正英氏は、入会以来今日に至るまで、大学行政にかかる研究に意欲的に取り組み、著書「地方私立大学の変容-公設民営の私立大学から公立大学へ」(出版舎 Mugen、2016年)をはじめ、論文執筆、研究発表等活発に活動してきた。特に、研究テーマとしている戦前・戦後の沖縄における高等教育史の研究は、大学史の中でも注目すべきテーマであり、九州・沖縄地区研究会における報告「沖縄における高等教育史-米軍統治下における文部省によらない大学設置」(2019年)、「米軍統治下沖縄における私立大学設置法令及び行政に関する考察-私立沖縄短期大学を事例として」(2017年)は、特筆すべき報告であった。また、論文「戦後沖縄初の私立高等教育機関設置に関する研究-私立沖縄短期大学の事例を中心として-」(大学行政管理学会誌 NO.22、2018年)において、戦後沖縄の琉球政府時代の大学設置の状況について詳細に調査し、発表した。その研究内容及び研究姿勢は、他の会員の範となるとともに、九州・沖縄地区研究会事業及び本学会に対する多大な貢献であり、大学職員として大学行政管理の質的向上に努めたと判断する。
2021-2 後藤 彰寛 学校法人 桜美林学園 規定第2条第2号 後藤彰寛氏は、財務研究グループにおいて長きにわたり研究活動に参加し、研究集会において財務研究グループの代表として研究発表を重ねてきた。財務研究グループが例年、年間10回程度開催している研究会、また、年に1回開催している関西財務問題研究会との合同研究会にもほぼ毎回参加して運営サポートも担うなど、研究会の活動にあたりリーダー、サブリーダーとともに中心的な役割を担っている。財務研究グループで刊行した『平成28年改訂版 これならわかる! 学校会計』(学校経理研究会)においても、「第1章学校法人とは」の執筆を担当した。これらのことから、JUAM奨励賞規程の主旨に十二分に値すると判断する。