2017年度 北関東・信越地区研究会(第2回研究会)、大学改革研究会 関東支部(第4回研究会)合同研究会の開催について(ご案内)「~LGBTからSOGIへ 多様な性の在り方を理解し、学生対応を大学教職員として考える~」(8/6 @聖心女子大学)

 この度、北関東・信越地区研究会と大学改革研究会は、合同研究会(第2回北関東・信越地区研究会、第4回大学改革研究会 関東支部)を実施いたします。 

 日本におけるLGBTを含むセクシュアル・マイノリティの割合は約8%(20165月:LGBT総合研究所調査)と言われています。これは、日本人の中で血液型のAB型(約9%)、左利き(約11%)の人に近い数値です。20154月には、文部科学省が各都道府県の教育委員会などを対象に「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」を通知し、その後‘教職員の対応方法’のガイドブックも作成されました。

 行政における「同性パートナーシップ制度」の成立や、企業においてはエントリーシートの性別欄廃止、「LGBTフレンドリー企業であることの開示」等、「SOGI(性的指向・性自認)に対して多様性を尊重する動きが社会において少しずつ広がっています。このような社会の動向を踏まえ、「SOGI」についてできるだけ先入観を持たず、「きちんと知る」ことを目的に、標記研究会を開催いたします。

 学生が、学生生活において「SOGI」を理由とした困難を経験せずに済むよう、大学教職員として、まずは‘知識’と‘理解’を得るために、ジェンダー論の視点からの講演の後、当事者3名をお招きしたパネルディスカッションを行います。

 会員・非会員を問わず、多数のご参加をお待ちしております。

 また、研究会終了後には、懇親会(参加任意)を開催いたしますので、是非ご参加ください。

 

◆開催日
2017年08月06日
◆時間
13:00~17:30
◆会場

 

聖心女子大学 広尾キャンパス 3号館340教室

東京都渋谷区広尾4丁目31

(交通アクセス)http://www.u-sacred-heart.ac.jp/access/index2.html

(キャンパスマップ)http://www.u-sacred-heart.ac.jp/about/sisetu.html

※全ての門に警備員がおりますので、「大学行政管理学会のワークショップに参加する」旨お伝え頂きお入りください

 

◆内容

【定員】40

 

【対象】

LGBTを含むセクシュアル・マイノリティについて理解を深めたいと考えている高等教育関係者

 

【目的】

性のあり方の多様性をより踏まえて、国際社会ではLGBTからSOGIへと変化しつつあります。

講演、当事者を招いてのパネルディスカッションから、現状について理解をすることで、多様性を受け入れ、職員一人ひとりの行動変容につながることを目的とします。

〔第1部〕講演

「~LGBTからSOGIへ~

社会や教育現場で向き合う多様な性のあり方への理解」

講師:共愛学園前橋国際大学 研究員 前田 由美子 氏

 

〔第2部〕パネルディスカッション

「~当事者の視点から語る~

SOGIによって抱える問題とアライ(理解者・支援者)として取り組める事」

登壇者: 

鈴木 麻斗(NPO法人Medical G Link 代表)

寺田 留架(学習交流会「虹ジャム」主催)

星 賢人(株式会社JobRainbow 代表取締役社長)

 

ファシリテータ―:川口 理紗(東邦音楽大学)          

 

〔第3部〕グループワーク

講演、パネルディスカッションを振り返りSOGIについてどのように理解したかを共有し、学生対応にどのように活かしていくかを考える

 

◆申込み方法

下記URLより、728日(金)1700までにお申込ください。

(申し込みフォームURLhttps://goo.gl/forms/XWpJXn2AsKR29XBl1

 

◆その他

お申込みにあたり、ご質問等については、西村 hideyon(a)takasaki-u.ac.jp、または、川口 risarish(a)gmail.comまでご連絡ください。

※メール送信の際には、(a)@に置き換えてください。

 


◆主催者
大学改革研究会  
北関東・信越地区研究会

【企画担当】
 青木 加奈子(高崎経済大学)
 上野 光子(大正大学)
 江尻 裕一(中央大学)
 川口 理紗(東邦音楽大学)
 五木田 廣開(大正大学)
 外丸 利行(共愛学園前橋国際大学)
 西村 英世(高崎健康福祉大学)
 福中 裕之(大正大学)
 松田 優一(関西大学)