2016年度 文部科学省後援JUAM創立20周年記念事業 北関東・信越地区研究会の開催について(ご案内)

今般,北関東・信越地区研究会では,「多様化した学生支援について -学生支援と大学職員のこれから-」と題し,20周年記念研究会を実施いたします。


 学生支援の実状は,ここ数年間において多様化しつつあります。障害者差別解消法の施行および文部科学省のLGBTに関する小学校・中学校教職員向けハンドブック作成・配布(ともに20164月施行・実施)も,この動きに拍車をかけています。


 大学職員はこうした社会の動向を受けて,配慮が直接必要な学生のみならず,大学に様々な期待を寄せているあらゆる学生に対しても応えなければならないと思われます。


 今回の研究会では,各講師の講演をもとに,在学中の支援をどのように充実させていくか,さらにはこれからの学生支援のあり方についてまで,幅広く考える場にしたいと考えています。


 【なお、この研究会の詳細は研究DB(会員限定ページ)よりご覧いただけます】

◆開催日
2017年02月25日
◆時間
14:00~16:30
◆会場

高崎健康福祉大学 6号館1階 101講義室


(会場は参加者数によって変更する場合があります。当日参加者に掲示でお知らせします)


〒370-0033 群馬県高崎市中大類町37-1 TEL 027-352-1290 FAX 027-353-2055


(アクセスマップ)校舎配置図はpdfで閲覧可能です。1号館入口より6号館に移動できます。


     http://www.takasaki-u.ac.jp/access/


     高崎駅東口より,大学バスを無料でご利用いただけます。


     高崎駅東口ロータリー 13:20発 大学8号館前 13:35着をご利用ください。


     お帰りは 大学8号館前 16:50発 高崎駅東口 17:10着をご利用ください。


     お車でお越しの方は,駐車場(第2駐車場)をご利用ください。

◆内容

「多様化した学生支援について -学生支援と大学職員のこれから-」


・基調講演(40分):「多様化した学生支援と大学職員のこれからを考える」


    講 師 関西国際大学 事務局長 横田 利久 氏(元大学行政管理学会会長)


・講演Ⅱ(70分) :「LGBTなど配慮が必要な学生への学生支援について」


    講 師 共愛学園前橋国際大学 研究員 前田 由美子 氏


 


※終了後,情報交換会(会費4,000円程度を予定)あり


 情報交換会はJR高崎駅近辺にて実施を予定しております。


 会場決定は,参加予定の方に別途お知らせします。


 

◆申込み方法

参加の方は,https://goo.gl/forms/tZHDZ6rOgdhoF8MT2 にて


 必要事項(メール,氏名,機関,勤務,交通手段(大学バスor自家用車),情報交換会参加または不参加,会員または非会員)を記入して,217日(金)までに送信してください。


 送信がうまくいかない方は,E-mailにて217日(金)までに高崎健康福祉大学 西村までご連絡ください。

◆申込み先

高崎健康福祉大学 教務課 西村英世


      E-mailhideyon(at)takasaki-u.ac.jp


      (at)@に変更して送信願います。


      Tel 027-352-1290 FAX :027-353-2055


 

◆その他

◆主催者


主催  北関東・信越地区研究会


    20周年記念事業実行委員会 


    後援 文部科学省