「大学職員」研究グループ令和元年度第1回研究会のお知らせ

「教学運営を実践する職員の働き方改革をあらためて考える(仮題)」をテーマに、令和元年度第1回の研究会を下記のとおり開催します。

◆開催日
2019年12月14日
◆時間
14:00~17:30
◆会場

岡山理科大学岡山キャンパス(岡山市北区理大町1-1)

A1号館3Fセミナー室(予定)
アクセス:JR岡山駅からタクシーで15分程度
https://www.ous.ac.jp/

◆内容

大学行政管理学会「大学職員」研究グループでは、大学職員の在り方や役割に関する本質に迫るという観点から、大学行政管理学会のコアテーマでもあるべき、大学(職員)とは何か、大学(職員)とは如何にあるべきか、といった根源的課題を採り上げ、折に触れて検討してきました。

当研究グループがこの数年実施してきた主な研究会テーマは以下のとおりです。

  1. トップマネジメントによる戦略的なガバナンス体制の構築について
  2. 事務を「遂行」する組織が担う大学運営と教学マネジメントについて
  3. 大学職員の役割や働き方並びに大学職員自体を研究することの意義について
  4. 少子化の新たな段階に突入する大学と職員の関わりについて
  5. 教学運営改革に関連する教職協働について
  6. 高等教育行政における施策と設置形態を越えたSDについて
  7. 総論的SDの再構築について

さらに、時事的なテーマも話題としつつ、大学職員の生産性の向上を見据えて、大学の運営組織における職員の役割を見直すと共に、具体的な業務のスクラップ・アンド・ビルドに繋がるような実務的な話題も取り入れ、ワークショップ・スタイルの研究会の開催も実施しています。

今回の研究会では、「教学運営を実践する職員の働き方改革をあらためて考える(仮題)」をテーマに、当研究グループ・リーダーの山本 淳司(京都大学)から関連事項の話題提供を行い、参加者を交えた自由な意見交換と共に、グループワーク等を通じて、現場で活躍する大学職員の働き方改革についてあらためて考える機会としたいと考えています。

◆申込み方法

・氏名  ・所属大学等名 ・部署・職名 ・メールアドレス  ・懇談会の参加
上記を記載してメールで申込みください。
なお、メールの件名は「第1回研究会参加申込」としてください。
申込締め切りは、12月6日(金)とします。

◆申込み先

メール送付先 yamamoto.junji.7r%kyoto-u.ac.jp 山本淳司です。
(送信の際は、%を@に変更して下さい)

◆その他

終了後、意見交換会を予定しています。併せてのご参加をお願いします。

原則として、大学行政管理学会(又は大学マネジメント研究会)の会員を対象とします。勿論、相談に応じます。


◆主催者
山本 淳司:大学職員研究グループ・リーダー