特別シンポジウム 2018年度第2回(通算23回)東北地区研究会(10/27@東北学院大学土樋キャンパス)

 大学行政管理学会は、全体テーマ「大学における将来構想をとも考える」のもと、全国各地区で「特別シンポジウム」の準備が進められ、10月20日に実施予定の「九州・沖縄地区」に続き、東北地区でも開催の運びとなりました。

 さて、「地方大学の振興及び若者雇用等に関する有識者会議」の中間報告では、地方大学を巡る現状と課題として、①「総花主義」、「平均点主義」から脱却し、特色を出すことが必要。②産業構造の変化への対応、地域のニーズに応じた人材育成・研究成果の創出が十分でない等について指摘を受け、また、本年6月に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生基本方針2018」では、「きらりと光る地方大学づくり」の推進のため、「地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による若者の修学及び就業の促進に関する法律」が公布され、地域特性を活かした自己変革への取組について「地方大学」は喫緊に迫られている状態となっています。

 本研究会では、近年、地方の私立大学が恒常的な定員割れを引き起こし、これまでに経験したことのない厳しい経営状況に置かれている中、「地方」「中小規模」「単科」などを弱みとせず、強みに変える大学改革を実行されてきた、共愛学園前橋国際大学学長の大森昭生先生をお迎えしご講演いただきます。また、「地域に愛される大学づくり」をテーマに、大学関係者及び地方自治体職員と企業担当者によるパネルディスカッションをとおして「地方大学の将来について」考えていきたいと思いますので、ご興味のある方は、ぜひご参加いただきますようお願い申し上げます。

 なお、午前11時より「中堅若手勉強会(テーマ:女性が大学職員で働くということ)」も開催いたしますので、こちらもご参加ください。

◆開催日
2018年10月27日
◆時間
14:00~17:00
◆会場

東北学院大学土樋キャンパス 8号館5階「押川ホール」

宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3-1 

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/access/

◆内容

講  師  共愛学園前橋国際大学 学長 大森 昭生 氏

パネルディスカッション:テーマ「地域に愛される大学づくり」

パネリスト 共愛学園前橋国際大学   学長  大森 昭生 氏

       山形市企画調整部企画調整課

          課長補佐(兼)交通企画係長 後藤 好邦 氏

           (東北オフサイトミーティング発起人)

       株式会社進研アド  東北支社長 新藤  洋一 氏

       尚絅学院大学政策企画室     

             地域実践グループ 責任者   佐藤  司 氏

           コーディネーター 東北学院大学 学長室長 阿部 重樹 氏

 

◆申込み方法

参加ご希望の方は、以下の項目を10月19日(金)までに下記URLのフォームに必要事項を入力の上、お申込みください。なお、本勉強会への参加は、学会会員・非会員を問わず、興味のある方はどなたでもご参加いただけますので、周知方よろしくお願いします。また、勉強会終了後には「懇親会」を開催します。こちらも是非ご参加ください。

◆申込み先

申し込み用フォームのURL

  https://goo.gl/forms/SJW009kO4oCYXOm33

◆その他

※問い合わせ先

  この会に関する質問等がございましたら、以下の問い合わせ先にご連絡ください。

     仙台高等専門学校 管理課 橋本 昭浩 nf85592(@)dk9.so-net.ne.jp