活動目的.

個人レベルの研究、各大学における事例等を通じて、そこから課題を発見し、将来に向けて、大学における学事とは何か、学事におけるアドミニストレーターの機能、役割は何かということを追究することを目的としている。

参加資格・条件

特に設けていない。

活動ペース

平成26年度は年5回を予定(概ね第2土曜日:5月、7月、10月、11月、12月)

詳細プロフィールはこちら